monochrome-3199102_1280
こんにちは、OL-Student@#NEW#朝活をきろくしてみたです(^^)
私の独り言ブログにご訪問いただきありがとうございます!!
今回もお付き合いください。

ブラックパンサーを視ていて劇中結構気になったポイントがあったのでちょこっと載せます。
映画レビューはこちら:ブラックパンサー(Black Panther )を観ました\(^o^)/ 
これは完全に独り言なので興味のない方はスルーしてくださいね。
(かなりネタバレも含みますのでまだ映画を視ていない人もスルーしてください!!)

そもそも時系列いつ?

キャプテン・アメリカ:シビル・ウォーの最後観ましたか?
キャプテンとバッキ―たちがワカンダに居た時のこと。
王様にもなっていない王子が、勝手によそ者をワカンダに入れていいのかしら?
王位を継げなかったら眠っているバッキ―の治療もままならなくなるのに。 
これって結構無責任ですよね??
俺が王になるからという自信の表れだったわけ??


シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ (字幕版)





でも今回の映画ブラックパンサーを観て気になる点が。。。 
シビルウォーでの下の時系列1~5の間にティチャラはワカンダでの王位継承問題を解決したってこと??


いやでもね、ブラックパンサーのスーツを見てみると、、、
バロンジモと会話しているブラックパンサーのスーツ(@シビルウォー)って。。。
ナキアと一緒に帰国している時のスーツ(@ブラックパンサー)と同じよね??


だいぶ無責任だと思うのですが、、、
願わくば、 最高責任者はティチャラ出会って欲しい。。。
だって。。。 
誰がキャップたちの入国の許可したの???
王様が誰だったの?? 



いや、本当に謎┓(*´Д`)┏.


1.国連の爆発事故
2.ドイツでの衝突
3.ホークアイ、ファルコンとか投獄
4.キャップとアイアンマンの衝突
↓ 
5.キャップたちワカンダへ


ブラックパンサー時系列(途中まで)
A.父ティチャカ死亡

 B.ナキアを見つける

C.ナキアとワカンダに帰国 



style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-8733642852236468"
data-ad-slot="4239877633">

先進国×後進国

ヴィブラニウムを守るため、世界には農業国で発展途上国と思われているワカンダ
(実際にエンディングでティチャカが国連でワカンダの知識を公開しますって言ったら鼻で笑われていましたし)
実際はヴィブラニウムのおかげでかなり高度な先進技術を持っているということは今回の映画でよくわかりました。




でもね随所にいや~これもうちょっと科学技術使えるんじゃないのか?
と言いたくなる場所があるんですよ。
先進国じゃなかったの?って。
アフリカらしさを残していると言ったらそこまでだけど。
いや、本当に謎!!


森とサバンナ

ワカンダはそのヴィブラニウムを守るために森で国をカバーしているということはわかりました。
許された人がその森を抜けて国に入れることもわかりました。



ということは!
ワカンダの空は森に囲まれていなきゃおかしくないですか??



でも劇中
ビルがたくさん建っている町の上には空があって
友人の部族がサイを育てている場所は草原もちろん空は青い。
継承権争いをする滝の上にはもちろん青空。
そして今回のヴィラン:エリックの最後は(ネタバレ失礼!)・・・
きれいな夕日をみながら!!

え?
ごめんなさい。
森に囲まれているの?
囲まれていないの?
どっちなの┓(*´Д`)┏.
それとも森が科学技術で作りだしたフェイクなの?



いや、本当に謎!!!




って思ったらやっぱり科学技術みたいですよ!!
 ■ 文明国であることを隠すため,ワカンダ国はホログラム技術を使って熱帯林で覆われているように見せているという設定だ。一旦の中に入ると,高層ビルが建ち並ぶ超文明国が現れる(写真3)。ドバイよりも凄い。まるでSWシリーズのナブー星や他のSF映画でよく見る光景である。宮殿内の描写も無難だが,平凡だ(写真4)。熱帯雨林との落差を強調するためにこうなったのだろうが,もう少しオリジナリティの高いデザインであって欲しかったところだ。中盤以降に登場する地下施設はスケールが大きく,3D上映も意識した上下差のあるデザインだ。勿論,CG/VFXゆえの産物である。
いや〜すっきりだよ!
よかったε-(´∀`*)ホッ 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-8733642852236468"
data-ad-slot="5635775231"
data-ad-format="auto">


サイって自分で洋服着られちゃうの?

終盤で継承権をぶっとられてしまったティチャラ(ネタバレ失礼!!)。
ヴィランのエリックがヴィブラニウム輸出を許可しちゃってその輸送中の出来事。
死んでいたと思っていたティチャラが出てきて戦闘が始まる。
ここまではいい。
ここまではいいんです。
ストーリーのクライマックスまで一直線というところ。


敵側が角笛を拭いて出てきたのは飼いならされたサイ。
もうばっちり戦闘準備ができていて、サイに防具がつけられていました(゚∇゚ ;)エッ!?



ここで言いたい。
ちょっと待てヾ(・・ )
そもそもサイって自分で防具つけられちゃうの?


王様の敵がいない(ティチャラ死んじゃったことになっていたので)ときにわざわざ家畜に防具をつけていないでしょ?
実際映画冒頭に出てきたサイには防具はついていなかったし。
事前に戦闘の準備していたとは考えられないし。


それともワカンダのサイって呼ばれたらすぐ防具を自分でつけられるわけ??
それってすごくない?
身体の構造上かなり無理がありますけど!!
これも科学技術なのか??
なんでもありだな〜!!!


いや・・・本当に謎!!!!



いつかこの謎が解決される日は来るのだろうか・・・


まぁこれを楽しみに頑張りますよ!!


読んでくれてありがとうございます
よかったら#NEW#朝活をきろくしてみたも読んでみてね

今後の励みになりますので、もしよかったらポチッとしてくれたら嬉しいです

↑人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑にほんブログ村



↑アルファポリス


FBページ:#new#朝活をきろくしてみた
Instagram:olstudent_blog